牧島の由来は、鍋島藩の御用牧場があったためとされており、江戸時代初期より塩づくりの産業が発達してきました。その後明治時代の干拓事業により、木須新田・川副新田などの新田が広がりました。現在は防波堤が整備され、牧島りんりんロードのサイクリング道路として利用されています。以前は海岸であったためその由来の地名が多く残っています。

伊万里川の河口域で喫水域となるため、海苔の養殖が盛んでした。海岸線にはハマボウの花が咲き、木須川の上流ではホタルが多く生息しています。時期にはホタルの乱舞も見ることができます。木須川の流れ込みには干潟となっており、カブトガニが生息しています。カブトガニが育っていくにはうってつけの干潟海岸が広がります。他にも染料の材料として使われていた早里のイスの木、また志賀神社の楠など巨木があります。海岸線より望む対岸の東山代町にはつるの越冬地もありこの地域には多くの自然が残っています。

サキモリ堤防跡

サキモリ碑

製塩所跡

製塩所跡 - コピー

川副新田干拓

川副新田干拓

木起神社

木起神社 - コピー

多々良海岸

多々良海岸2 - コピー

志賀神社

志賀神社